オススメの旅行先

ミャンマーポールスターは、ミャンマーで17年以上のツアー経験があり、国内に関する情報を網羅しています。ミャンマーのツアーオペレーターとして、弊社は、絶えず旅行に関する知識を獲得し、お客様が訪れる場所の最新の情報をご紹介致します。ミャンマーでお過ごしになる時間が、かけがえのないものになる様にスタッフ一同万全のサポートをしていきます。

下記では、弊社オススメの目的地をいくつか選考致しました。勿論オーダーメイドのツアーに組み込む事も可能です。 さらに詳しい情報をご希望の場合にはinfo@myanmarpolestar.comまでご連絡ください。

ヤンゴン

ヤンゴンは、ミャンマーにおいての文化および商業の中心地になります。 ミャンマーに来たなら、最初にここを訪れる事をオススメ致します。

中心地のダウンタウンには、植民地時代の建築物から、ジョージ・オーウェルの多くの参考文献に至るまで、英国の長い支配の跡を街の随所で確認できます。 

ヤンゴンの数あるホテルの中から、お客様のニーズに合ったホテルを選択し、美味しい料理を堪能し、素晴らしい時間をお過ごしください。 

ミャンマーの歴史については、国立博物館で学ぶ事ができます。ヤンゴンの象徴とであるシュエダゴンパゴダには訪れる事をオススメ致します。 3,000年前に造られたこのランドマークは、遠くからでも確認でき、街を彩る魅力的な場所です。  

シュエダゴンパゴダ –ヤンゴンのシンボルであり神秘的な場所。

グラスファクトリー – この工場は、2004年にハリケーンによって倒壊しました。

戦争墓地 – 市内の郊外にある戦争墓地は、第二次世界大戦に続いて5,000人以上が安眠しています。 

環状線 –ヤンゴンの環状線ですが、一周に3時間ほど掛かります。街並みや風景を見ながら、ゆっくりとした時間をお過ごし下さい。

ボージョーアウンサンマーケット –以前はスコットマーケットとして知られており、建物内には、ミャンマー全土からの生産物を売る店が1,000以上あります。 パテイン製の傘からカチン州の特産である翡翠の腕輪に至るまで、お客様が求めるものが揃えてあります。 

コロニアルウォーキングツアー – 知識、経験共に豊かなガイドとヤンゴンのダウンタウンを歩き、建造物を見学しながら、ミャンマーの歴史を聞く事ができます。 

バガン

イラワディ川のほとりに位置するバガンは、アジアで最も重要な考古学遺跡の一つであり、2019年7月には、ユネスコの世界遺産に登録されています。 平原には、3000以上の寺院があり、バガンに訪問する方々に約1000年間感動を与えてきました。  

バガンは11世紀から13世紀にかけて、異教徒王国の首都でした。 この時期、アナワラ王によって、その後は王朝によって、ビルマの文化、民族性、テラバダ仏教が確立されました。  

寺院の全てをお客様自身で、又は経験豊富なガイドの案内で、探検できるということです。 観光の移動に関しては、車、バイク、徒歩など、お客様自身に合った好きなものをお選び下さい。 
 

アーナンダ寺院 – バガンで最も有名な寺院。この寺院の伝説は悲惨です。 壮大な建造物が完成した後、チャンシッター王は、当時に自分の建築物の独自性を保つために建築家を殺すよう命じました。 

ダマヤンヂー寺院 –バガンにある全ての寺院の中で最も大きなこの寺院は、建設中に王が暗殺され未完成の寺院として知られています。  

ブーレディーパゴダ –他の仏塔と比べるとあまり有名ではありませんが、ブーレディーパゴダでは日の出と日没時に素晴らしい景色をご覧いただけます。  
 

バルーンオーバーバガン – 日の出の時間に合わせ熱気球に乗って地上から朝日に照らされるパゴダを鑑賞する事ができます。 

ポッパ山の日帰り旅行 – 大きな岩山であるポッパ山に登り、平野の景色を存分にお楽しみください。 ミャンマーの土着信仰であるナットの神々が今でも山に安置されていて、神々しい雰囲気を作り出しています。 

サンセットクルーズとディナー – 太陽が沈む直前に、イラワディ川沿いをクルーズで過ごし、素晴らしい夕暮れの景色を楽しむことができます。 クルーズでリラックスしながら田舎の穏やかな景色を鑑賞することができます。  
 

インレー湖

インレー湖はシャン州の観光地として有名で、湖に住むインサー族の庭です。 彼らは足で櫂を漕ぐユニークなスタイルが有名で、竹を使って家を造り、湖に浮かぶ畑を作り、有名な5日間の市場を主催します。  

ミャンマーの観光地と比べて、インレー湖は他にはない景色を楽しむことが出来ます。 インサー族ののどかな生活や絵のような景色は、ミャンマー観光の主要な目的地のひとつです。  

湖を見たり訪れたりする最善の方法はボートです。ボートに乗って湖の周りを移動して、あなたが訪れる場所の至る所ですばらしい景色に出会えます。 
 

浮き畑 – インター族の多くの人が湖の上で一生を過ごすことになり、農園や栽培が可能な素晴らしい湖に浮かぶ庭園ができあがります。 

レッド・マウンテン・ヴィンヤード – ミャンマー初のブドウ園で、ワインを国内に紹介するフランス人が建設し、地元の人々に仕事を提供し、品質は毎年向上しています。

インデインビレッジ – インレー湖の南側に位置しており、1時間以上かかることがありますが、時間をかけて行く価値が十分にある場所です。1,000を超える仏塔の複合体、湖の景色、そして行く途中のすばらしい景色はすべての乗客に満足感を与えます。 

インレーオーバーバルーン – 日の出の湖の景色を空から眺めます。インレー湖とその周辺の村々を上空から眺める景色は他に類を見ない感動的な景色です。 

クッキングクラス – 湖の上に位置し、マスターシェフが主催するミャンマー料理教室に参加できます。 午前中は、世界的に有名になっている料理を作る方法を学び、座って昼食をお楽しみください。

五日市 – 有名な五日市は毎日場所を変えて行われますので、見つけるのは難しいかもしれません。ただ一度ここを訪れてみてください。お店に並ぶ商品の多様性とユニークさに驚かされます。 

ガパリ

綺麗な白い砂浜でのんびりとした時間を過ごす。 ンガパリは、ミャンマーの最高のビーチの目的地です。 ここでは、砂浜でリラックスしたり、青い海のシュノーケルを楽しんだり、ベンガル湾をボートに乗って満喫しましょう。 ンガパリはリゾート地として知られていますが、漁村の雰囲気を保ち、リラックスして、早朝から就寝までゆったりとした時間をお楽しみいただけます。 

ミャンマーで最も豪華なホテルのいくつかをご利用ください。 このエリアはイタリアのナポリの街にちなんで名づけられています。 

ヤンゴンとバガンの両方から定期便があり、約1時間かかります。 ンガパリは熱帯低気圧のために5月から9月まで雨が続き休業していますが、残りの期間は素晴らしい景色と経験を訪問客に提供します。  

ホテル – ガパリビーチにはミャンマーの中でも最高のホテルがいくつもあります。 それらのすべてはベンガル湾を見渡し、ビーチから徒歩圏内です。 バンガローやコテージに宿泊し、インフィニティプールや日帰り観光をお楽しみいただければ、ンガパリの虜になること間違いなしです。 

釣りの村 – ガパリは海水浴地やリゾート地として知られていますが、その周辺地域では漁村の雰囲気も保たれています。 地元の村のいくつかに行って、仕事中の漁師を見たり、日帰りで釣りを楽しんだり、地元の人々と交流しましょう。  

食事 – その日に獲れた豊富な魚介類がどのレストランでも並んでいて、ロブスターやマグロ、その他多くの魚介類をその場で調理して提供してもらえます。  

バルーンオーバーガパリ – ガパリの最高の景色を見るには、海岸のビーチにある熱気球に乗る以上に良い方法はございません。 2015年に始まったばかりで、これはまだまったく新しいコンセプトであり、忘れられないものとなります。 

アイランドホッピング –地元の漁船で近くの漁村やヌガパリ周辺の島々を訪れます。 昼食には、新鮮な魚をおいしく食べることができます。また、シュノーケリングにも挑戦できます。 

サイクリングツアー – サイクリングツアーに参加し、身体を使って自分のペースで美しい景色を楽しみましょう。 アドベンチャーのようなサイクリングや、海岸沿いのサイクリング、途中の村や町の訪問は本当に満足のいく体験です。 

マンダレー

暑いミャンマーの避暑地として英国人によって設立された小さな街のピンウールィンは、マンダレーから車で1時間半です。 町は涼しく、心地よい気温と豊かな高地の風景は、これらの植民地時代から変わらず、訪問者を魅了しています。

植民地時代の家、パーセルタワー、かなり荒廃した墓地など、英国領だったことを示す跡を見られるが、この時代の跡地として最も有名なものの1つは、町のナショナルカンドージー植物園です。 

AnisakanとPweKaukの壮大な滝は、町から少し離れたところにあり、冷却と少しの運動のためにあります
 

植物園 - 旧メイミョー植物園、アレックス・ロジェガーが1915年に庭園を造りました。ここでは、バラやランの綺麗な庭園や、あらゆる種類の植物、種を鑑賞できます。

AnisakanとPwe Kaukの滝 – 町の外に位置し、どちらもかなり険しい道が含まれていますが、報酬はそれに見合う価値があります。 これらの自然の滝は写真に収めても綺麗ですが、滝のすぐ傍に立ち滝から出るマイナスイオンが疲れた身体を癒します。 
 

ゴーティつり橋 – ピンウーリンからシーポーまで電車で乗り、世界で最も魅力的な列車の旅をお楽しみください。 壮大なゴーテイつり橋は1900年に建設され、当時は世界最大の鉄道橋でした。 列車に乗ってはるか下にある谷間を渡る際に広がる壮大な景色はミャンマーのハイライトです

タウンヂー

シャン州の首都タウンヂーは、インレー湖とヘーホー空港から車で1時間半のところにあります。 ほとんどのツアーでは忘れ去られていますが、11月にある熱気球祭りも世界で最も魅力的な祭りの一つとして知られ、インレー湖からカックー遺跡を訪れる際の拠点としても知られています。

市内には賑やかな市場があり、パオー族と呼ばれる頭にカラルフなタオルを巻いた民族女性たちを見つけられます。またお試しいただける様々なおいしい地元のシャン料理や、近くのアヤヤぶどう畑での様々なワインもあります。 
 

カックー -カックー遺跡と呼ばれる2478体の仏塔が並ぶ遺跡群はシャン州で最も注目すべき場所の一つです。 インレー湖から2時間程度で着くことができ日帰り旅行の価値がある場所です。

エーターヤー・ヴィンヤード –1999年に建てられたエーターヤーは、ミャンマーの最初のブドウ園でした。 敷地内を散策したり、ワインを試したり、美味しいレストランでお食事をお楽しみください。  

ゴールデンロック(チャイティーヨー)

ミャンマーで最も訪問客の多いこの巨大な仏教寺院には、崖の端で不安定なバランスをとっている黄金の巨岩がございます。 伝説では金箔で覆われた仏塔の中には、仏の髪の毛一本が保管されていると言われています。 最も美しい時間帯は早朝の日の出のときです。  

岩に到達するのは簡単なことではありません。 キンプンのベースキャンプには2つの選択肢があります。 1100mの山を1時間トラックに乗って登る方法と、自分の足で登る方法です。最近はケーブルカーも完成し、さらに選択肢が増えました。  

山頂から見た壮大な360度のパノラマの景色は、最高の価値があり、本当のハイライトを提供します。 

女性はゴールデンロックに触れることは許されていません。

グエサウン

グエサンのビーチリゾートは、ヤンゴンから車で5時間のベンガル湾にあり、イラワディデルタを通ります。 

約10km途切れることなく続く砂浜や海辺の夕日、新鮮なシーフードを楽しむことができ、ゆったりとした雰囲気がお客様を包みます。 タイのビーチで頻繁に見られる大勢の観光客が苦手な方は、ぜひングエサンビーチにお越し下さい。  

ガパリビーチは、ミャンマーの最高のビーチと言われていますが、ングエサンビーチはただビーチでのんびりしたい人にとって最適な場所です。 近くの漁村は自転車で訪れる価値があり、様々な地元の食事の機会がはるかに大きい。
 

メルギー諸島

ミャンマー南部、無数にある島々を総称してメルギー諸島といいます。約800の島々が周辺に点在し、綺麗な青い海が広がります。 

メリギー諸島は、豪華客船に乗って行きます。アジアで最後の探検家のような気分でお楽しみ下さい。 1997年までは旅行者に限られていたが、旅行産業は未発達の時期でした。 

ここでは、何百年もの間島に住んでいたムーケン(Moken)、あるいは海のジプシーと呼ばれる民族と出会い、交流することができます。 彼らは信じられないほどの素潜りが得意で、真珠や牡蠣のを探し60m近く何も身につけずに潜ることが可能です。  

 

豪華なヨットの1つに乗って、澄んだ青い海で泳いだり、白い砂浜で日光浴したり、頭上を回る鷹を観察することができます。 誰にも邪魔されず数日間のんびりとした航海を楽しむことが出来ます。 島を探索し、手つかずの島々や海、砂浜を存分にご満喫ください。